三和町商工会

三和町商工会の沿革と概要

当商工会は昭和39年6月22日に設立総会を開催。同年9月2日に認可を受け設立される。地域の商工業に対する経営改善普及事業や、地域活性化のための事業など積極的に取組む。

三和地区は、いわき市の北西部に位置し、東西に19km、南北19km、そして面積214km2といわき市の6分の1の面積を有するが80%が山林である。

昭和40年に町の中央に国道49号線があり経済路線としても位置づけられている。

主な事業としては、地域の活性化や魅力ある街づくりを目指し平成16年度に介護一息食事券配布事業を行い、自宅にて、高齢者を介護し自宅から離れる事ができない人のために一息できるような支援活動の実施、さらに、平成17年度には、宅配食配事業の消費動向調査や宅配試験運行の実施を行い商工会は町内事業所と協力連携を図りご用聞き宅配事業を行う。
また、平成18年度においては、高齢化が進む中、交通手段の確保を目指し新交通調査事業を手がける。

いわき市内で最大の面積を持つ三和町。不採算路線削除の中、通学児童の足の確保を優先し路線廃止が想定される中、公共交通に変わる新たな手段の構築を目指し検討や可能性の調査研究を行う。

三和町商工会は正面玄関を入って右側です

三和町商工会は正面玄関を入って右側です

平成19年度においては、地域交通支援事業を実施。現在、地元負担にて支え残る路線乗客数の減少は将来の存続が危ぶまれ、高齢者の外出等が困難な状況に追い迫る中、商工会は実情を踏まえ三和地区に安心して暮らせる新交通実現を目指し、有償輸送社会実験にて可能性の検証を行った。

平成20年度において、小規模新事業全国展開支援事業(調査)事業を行い、翌年平成21年度において全国支援事業に取組む。地域資源開発事業で行政、生産者、事業者、専門家と各分野から選任し、委員会を組織し、三和地区の地域資源を活用した新しい特産品と郷土料理の発掘・改良を行う。地域内外のお客様に名物料理として愛され定着することで地域の活性化や交流人口の増加につなぐことを目的として実施する。これらの事業を通し地域コミュニティー活性化の一環として、商工会が中核となり地域振興のために事業を行ってきた。

(福島県商工会連合会 商工会法施行50周年記念誌 平成22年度)

三和町商工会組織(平成24年8月1日 現在)
所在〒970-1372
福島県いわき市三和町下市萱字竹ノ内114-1
TEL0246-86-2153
FAX0246-86-2450
MAILmiwasyo@coral.ocn.ne.jp
URLhttp://miwawa.jp/
会長有馬 義夫
副会長大谷 正俊
副会長鈴木 一幸
会員102名(組織率 77.9%)
アクセスマップ

三和町商工会地域のふるさと讃品取扱事業所

Copyright © いわき地区商工会広域連携協議会 All Rights Reserved.