遠野町商工会

遠野町商工会の沿革と概要

遠野町は阿武隈山系の入口にあり、いわき市の南西部に位置した104.46㎢の面積を抱える中山間地である。

主要道は東西を古くは浜通りと中通りを結ぶ塩の道であり現在は物資輸送の基幹道となった県道いわき石川線が走り、また、南北には延々と連なる山並みを這うように県道いわき上三坂小野線が走るが、平成10年に入遠野地区にいわき市遠野オートキャンプ場が出来、この大自然を訪れる人も多くなった。

遠野町商工会は、昭和36年8月1日に地区内の小規模企業者の育成並びに総合的経営改善普及事業を推進する目的にて設立された。

初代会長に大泉英一が就任し、現会長、塩屋昌則まで数えて8代目であり、現会長の平成16年7月1日には、いわき地区9商工会で構成する「いわき地区商工会広域連携協議会」が発足し、商工会の垣根を越えて小規模事業者の支援を行っている。

遠野町じゃんがら念仏踊り大会

遠野町じゃんがら念仏踊り大会

平成11年4月の遠野バイパスの開通により商店街の車の通行量と売上の減少が目立ち始め、さらに平成12年にはバイパス沿いに量販店が出店した。

古くは塩の道として栄えた商店街の再興を目指し、平成13年に上遠野地区商店街に街路灯を設置し、また地域興しも兼ね同商店街を初めて全面通行止めにして集客イベント「いわきの遠野」なんでも市を実施した。このイベントが地域住民に与えたインパクトは強く、過疎化を憂う住民が、様々な地区内資源を生かしたイベントを行う起爆剤となった。

以後、商工会は同イベントを軸に据え、数々の商業振興策を行うも人口減少と同様に商工業者の減少にも歯止めがかからず、平成6年に最大241を擁した会員数も現在186にまで減少したが、地区内唯一の経済団体として役職員一同、事業者支援に邁進している。

(福島県商工会連合会 商工会法施行50周年記念誌 平成22年度)

遠野町商工会組織(平成24年8月1日 現在)
所在〒972-0161
福島県いわき市遠野町上遠野字堀切12-1
TEL0246-89-2174
FAX0246-89-2473
MAILtohno1@coral.ocn.ne.jp
URL
会長平子佳廣
副会長根岸勝栄
副会長平子好男
会員181名(組織率 69.9%)
アクセスマップ

遠野町商工会地域のふるさと讃品取扱事業所

Copyright © いわき地区商工会広域連携協議会 All Rights Reserved.