四倉町商工会

四倉町商工会の沿革と概要

四倉町商工会館

四倉商工会館

かつて、磐城セメント、日鉄八茎鉱山、漁業で栄えた我が四倉町は、商工行政にも関心が高く以前より任意商工会が組織されており活発な運営がなされていたが、商工会法の制定に伴い昭和36年3月に設立総会を開催、四倉町商工会発足の運びとなった。

昭和38年には、商工会館建設の機運が高まり、当時の四倉町議会の議長でもあり、初代商工会長であった新妻常吉氏の尽力もあって、地域住民と商工業者全体コミュニケーションの場として四倉商工会館が昭和39年2月に建設された。その後、事務室の増築を含めた数度にわたる改修工事により、現在に至っている。

近年においては、県立海浜自然の家の開所、常磐自動車道いわき四倉IC開通、東北ナンバーワンの製造品出荷額を誇るいわき市内の15番目の産業拠点「いわき四倉中核工業団地」の開設などが進み、交通拠点の整備、アクセス道路の建設等当地区におけるインフラも着々と整備され、一方ではこうした状況の変化への商工業者の時代に合った適切な対応も迫られているところである。

いわき市の指定保存樹木に指定されている藤棚

いわき市の指定保存樹木に指定されている藤棚

また、平成21年7月より、単会・拠点常駐併用型を採用し、広域担当経営指導員及び補助員が幹事商工会である本会に設置されたことを活かし、広域連携にかかる組織・事務処理手法の見直しなどを図りながら、平成21年度から始まったふるさと産品販路拡大推進事業を展開してきている。

平成21年12月、本市初の道の駅「交流館」が四倉海岸隣接地にオープン、平成22年7月「情報館」が完成、これによって「道の駅よつくら港」がグランドオープンとなった。道の駅と商店街の回遊共存なども今後の課題であり、これまでも地域づくり諸団体による夏まつり(四倉ねぶたなど)等々へも積極的に関わってきたが、商工会に対して地域を元気にする役割が求められ期待もますます大きくなってきている。

(福島県商工会連合会 商工会法施行50周年記念誌 平成22年度)

四倉町商工会組織(平成27年5月20日 現在)
所在〒979-0201
福島県いわき市四倉町西四丁目4−5 四倉町商工会
TEL0246-32-2900
FAX0246-32-2481
MAILyotukura@coral.ocn.ne.jp
URLhttp://ec.shokokai.or.jp/cmsdb/cm06010/index/?ken=07&block=92
会長鈴木英美
副会長木村辰夫
副会長野口 宏
会員375名(組織率 74.9%)※定款会員・特別会員を除く
アクセスマップ

四倉町商工会地域のふるさと讃品取扱事業所

Copyright © いわき地区商工会広域連携協議会 All Rights Reserved.