内郷商工会

内郷商工会の沿革と概要

当地域は、いわき市のほぼ中央に位置し、炭鉱によって発展してきた。現在は、「医療と福祉のまち」といわれ、磐城共立病院や総合健康福祉センターなどがあり、市民福祉向上の中心的な役割を担っている。また、地区内には県内唯一の国宝建造物「白水阿弥陀堂」がある。

昭和35年9月26日、平商工会議所から分離し、地区内商工業者の振興を目的に会員数439名で内郷商工会を設立した。

昭和41年10月、14市町村の対等合併により「いわき市」が発足した。

昭和56年第21回通常総代会で定款を改正し、商業、工業、環境衛生部会を設置し業種別指導の強化を図った。

平成元年1月の臨時総代会で商工会館の建設予定地の用地を取得し建設年度が承認され、平成3年3月新商工会館が完成し現在に至っている。

国宝 白水阿弥陀堂

国宝 白水阿弥陀堂

地域活性化を目指し、いわき回転櫓盆踊大会、いわき時代まつり、商工祭などのイベントにも積極的に取り組んできた。

平成16年6月から、市内9商工会による「いわき地区広域連携協議会」が発足した。

現在、情報化や少子高齢化の進行など社会経済状況の急激な変化に伴い、当商工会は原点に立ち返り、「会員のための商工会」をスローガンにし、巡回指導や特に金融等の相談業務に全力を挙げ取り組んでいる。また、活力ある組織にするために、平成21年11月に社歴を重視した交流をするため、「匠の会」を立ち上げるとともに、支部組織の再編を検討している。

(福島県商工会連合会 商工会法施行50周年記念誌 平成22年度)

内郷商工会組織(平成24年8月1日 現在)
所在〒973-8403
福島県いわき市内郷綴町榎下17
TEL0246-26-1256
FAX0246-27-5211
MAILuchigo@rose.ocn.ne.jp
URL
会長佐藤一美
副会長湯澤良一
副会長鈴木 孝
会員583名(組織率 66.9%)※定款会員・賛助会員を除く
アクセスマップ

内郷商工会地域のふるさと讃品取扱事業所

Copyright © いわき地区商工会広域連携協議会 All Rights Reserved.